洗濯機の掃除を簡単にする方法!排水ホースの掃除方法も大公開!

お使いの洗濯機、時々お手入れされていますか?

洗濯機もお掃除をしないと壊れる原因になります。

「脱水途中で動かなくなった!」

なんて経験ある方もいると思います。

今日も洗濯機の排水はきれいかな、

なんて気にしている方、なかなかいませんよね。

そこで今回は、洗濯機と排水ホースまで

しっかりメンテナンスしてみましょう。

 

洗濯機の掃除を簡単にする方法

[quads id=1]
「なんだか洗濯物がにおうな」

「汚れが落ちないな」

とおもったら洗濯槽のサインかもしれません。

毎日洗濯することによって洗濯物の汚れは落ちますが

落ちたごみは洗濯槽や排水ホースにたまってしまいます。

洗濯機もお風呂場と同じで水を使うので、

本来お風呂場よりもカビが付きやすいと言われています。

洗濯槽を洗わず放置し続けると、

アレルギーや肌荒れが起こりやすくなります。

まずお掃除を始める前に、洗濯機に何もない状態にして、

洗剤ケースや糸くずフィルターは取り除いておきましょう。

40度から50度くらいのお湯を用意してください。

用意するものは、

・洗濯槽クリーナー(もしくは漂白剤)

・お湯

洗濯機で水を張っても可能ですが、お湯を用意するのは

たまった洗剤が溶けやすく洗濯槽クリーナーや

漂白剤の効果が高くなるからです。

ただし、熱湯はNGです。

洗濯機は熱に強くありませんので

熱すぎると故障の原因になります。

わたしはお風呂場で沸かしたものを洗濯機にいれて使っています。

1)お湯を洗濯機にいれクリーナーか漂白剤をいれます。

2)槽洗浄コースを選択、スタートします。

3)終わったら浮かび上がったごみを必ずすくってください。

4)最後にから回しをしてください。通常の洗濯とおなじです。

以上4点です。

実はこの洗濯槽のお掃除って、すごく時間がかかります。

洗濯機によってさまざまですが短いものだと2.3時間、

長いと11時間ほど必要になります。

そのため毎日の洗濯が終わってからか、夜寝る前をおすすめします。

次に洗濯槽クリーナーについてですが、

洗濯槽クリーナー・漂白剤といっても2種類のタイプがあります。

・酸素系漂白剤

洗濯槽についた汚れに強力で、

一度掃除すると目で見てわかる汚れがでます。

殺菌効果は塩素系に劣りますが、

においもなくあつかいやすいです。

・塩素系漂白剤

雑菌を分解するため目では確認しづらいですが、

殺菌効果に優れています。

小学生の時のプールって独特なにおいがしますよね。

あのにおいに近いです。

説明書通りにすれば問題ないのですが、

相性の悪いものと混ぜると有毒ガスが発生します。

そういった意味では酸素系と比べると扱いにくいです。

毎月掃除する方は酸素系だけでも十分効果があります。

たまに、掃除する方は塩素系を使ってください。

全く掃除したことがないという方は、

酸素系・塩素系の順番に使ってください。

両方使うのは、酸素系でとれる汚れをしっかり除去し、

その後塩素系で見えないカビを除去することがより効果的だからです。

しかしお使いの洗濯機によっては使えないものもあるとおもいます。

先に確認してからお掃除を開始してください。

洗濯機の排水ホースの掃除方法

「洗濯機が途中で止まった」

「エラーがでる」

という方は排水ホースの詰まりを疑ってみましょう。

洗濯によってでたごみが固まりになり、

使った洗剤と混ざってドロドロになって詰まってしまいます。

まずは排水溝のお掃除から始めましょう。

洗濯機のコンセントは抜く、蛇口は閉めたのを確認してください。

排水溝についている蓋とホースは外してください。

用意するものは、

・重曹

・クエン酸(またはお酢)

1)排水溝に直接重曹をかけます。

2)お湯コップ1杯にクエン酸小さじ2を混ぜてかけます。

3)10分ほど放置し、お湯を流します。

排水ホースは外れるものとそうでないものがあります。

外せないものには洗濯槽を掃除することや

洗濯によってある程度はきれいになります。

外せるものは反対側から水を入れて

歯ブラシでこすると見えるものはきれいになります。

 

まとめ

洗濯槽とホース排水溝についてご紹介しましたが、

どうしてもできない方や排水溝が洗濯機の下にあり

掃除が困難な方はプロのお掃除業者がおすすめです。

業者により値段はさまざまですが、つまりも解消しきれいになります。

一度きれいになったものは定期的なお手入れで保ってくださいね。