アイロンの汚れの落とし方!汚れの原因と取り方を解説!

ワイシャツやハンカチなど綺麗にするために、

アイロンは日常生活の中でも切っても切り離せませんよね。

そんなアイロンの裏が茶色く汚れているのを

見たことはありませんか?

汚れが激しくなると焦げ付いて

お手入れも面倒になってしまいます。

アイロンが汚れていると、かける衣類も

汚れてしまう可能性があります。

せっかく綺麗にした衣類を汚したくはないですよね。

そこで、アイロンの汚れの原因や

お手入れの方法を調べてみました。

アイロンの汚れは何が原因!?

[quads id=1]

気にする人も少ないアイロンの汚れですが、手の油や手垢、

アイロンがけの時に使うスプレーなどが汚れの原因となります。

スチームアイロンの場合は、目詰まりをおこしてしまって

蒸気が出にくくなってしまいます。

汚れを見つけたり、アイロンがけをすると汚れるな…

と感じる時はお手入れするサインです。

定期的に確認するようにしてくださいね。

アイロンの汚れ簡単な取り方とは!?

普段アイロンをかける時にのり付けスプレーなどを使った時は

ベース面をそのつど濡れた布で拭くようにしてください。

アイロンの汚れはキレイに落とさないと

ベース面の焦げが蓄積されて真っ黒になってしまうことがあります。

このようにひどい汚れになってしまった時は、

お酢・重曹・メラミンスポンジがおすすめです。

まず、お酢を布に含ませて汚れの

激しい部分を拭いてください。

それでも落ちない場合は重曹を使ってみてください。

重曹を少量布にとり、黒く焦げた部分を擦るだけです。

また、水回り掃除によく使われるメラミンスポンジで

擦っても効果的です。

中性洗剤や歯磨き粉もベース面の掃除に使えます。

洗剤はぬるま湯で薄めて布で拭きます。

歯磨き粉は通常使っている量の

1/4以下にするようにしてください。

歯磨き粉をベース面に塗ったら、

スポンジでやさしく落としていきます。

金属タワシなどは傷をつけてしまうので

使用しないように注意してくださいね。

スチーム付きのアイロンの場合、掃除のあとは焦げが混じった水が

スチームのでる穴に入り込んでいる可能性があるので、

お手入れした後は一度スチーム機能を稼働させてくださいね。

アイロンの全体部分の汚れは、柔らかい布で

軽く拭き取るようにしてください。

また、アイロンをかける時に高温にしすぎると

焦げがつきやすくなります。

すぐにシワがのびるので高温にしがちですが、

できるだけスチームを上手に使って中温を

保つようにした方が汚れにくいですよ。

アイロンの蒸気穴につく白い汚れは!?

アイロンのベース面の汚れについてご紹介しましたが、

焦げつきとは別に、蒸気穴の部分にも白い汚れが

ついていることはありませんか?

この汚れは“水垢”です。

水分中にふくまれるミネラル成分が残って固まったものとなります。

水垢はこすって洗い流しただけでは

落ちないので厄介な汚れです。

この場合はクエン酸を使います。

水垢はアルカリ性なので酸性の

クエン酸で中和して落とします。

水500mlにクエン酸小さじ1杯のクエン酸水を作り、

水垢につけてしばらく置きます。

その後拭き取るだけです。

簡単なので、焦げつきの掃除と一緒に蒸気穴も

お手入れすると、もっとアイロンが綺麗になりますよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

忙しい家事の中、お手入れは面倒ですが、長い間放置してしまった汚れは

きれいにとれなくなってしまいます。

そうなると買わざるをえない状態になってしまいます…

使い方やこまめに汚れを拭き取ることで

アイロンをきれいに長持ちさせることができます。

気持ちの良い家事ができるようにいつも心がけておきたいですね。

何事も早いうちのお手入れが肝心です。

今回の記事を参考にしていただければ嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする