ぬいぐるみの洗濯と乾燥の方法とは!?ふわふわにするテクニック!

小さな子供にとって、自分のぬいぐるみは

片時も離したくない大事なお友だちです。

けれど、お母さんにとってはどうしても、

子供と一緒に遊んでいるうちにぬいぐるみが

どんどん汚れてしまうのが気になりますよね。

ぬいぐるみって洗えるのかしら?

そんな疑問にお答えします。

ぬいぐるみは洗濯機で洗わないのがベスト

[quads id=1]

結論から言ってしまいますと、ぬいぐるみは洗えるもの、洗えないもの、

洗うと風合いが変わるもの、それほど変わらないものなど千差万別です。

例えば、まさか子供の玩具にするとは思えませんが、

ドイツ製のテディベアの中にはビロードの布地に木屑を詰めたものもあります。

当然ながら洗濯は不可能です。

現実的な話として、子供に与える普通のぬいぐるみで

家庭の洗濯が可能なのは以下になります。

・あまり大きくない

・衣服を着用している場合は脱がせられる(衣服は別に洗う)

・布地の毛足が短い

・詰め物の材質が洗濯可能

などの条件を満たしている場合になります。

ただ、ぬいぐるみには洗濯表示が

付いていない場合が多いので注意が必要ですね。

一番安全で基本的な洗濯方法は手洗いです。

大きなタライや浴槽にぬるま湯を張り、

おしゃれ着用の洗剤を規定量入れてから

ぬいぐるみをその中に沈めて優しく押し洗いします。

その後、軽くぬいぐるみを絞ってから水を替えて

泡が出なくなるまですすいだ後、再びぬいぐるみを絞り、

水が出て来なくなったら元のように形を整えて、

タオルなどを敷いた上に置き、完全に乾くまで日陰干しします。

また、単純な形で頑丈な造りのものであれば、

洗濯機での洗濯も可能です。

その際は洗濯ネットに入れ、ソフト洗いで脱水まで仕上げます。

この時も、洗濯ばさみで吊し干しすると型崩れを起こすので控えましょう。

ぬいぐるみをふわふわに乾かす方法とは!

ぬいぐるみを洗う際は、トリートメント剤の入った

おしゃれ着用の洗剤を使うのがおすすめです。

また、洗濯の際もおしゃれ着をホームクリーニングしている時のように

優しく丁寧に扱うと良いでしょう。

ぬいぐるみの材質上、完全に乾くまでには時間がかかるので、

洗濯は数日天気が続くような気候の時期を選んで行うのが理想です。

また、直射日光に長時間当てると色があせたり

布地の劣化に繋がるので日陰干しを行ってください。

また、日陰干しの際にぬいぐるみの下に敷いていた

タオルが濡れていたら、すぐに乾いたものと交換してください。

カビが生える危険があります。

まとめ

ぬいぐるみの洗濯は大変です。

衛生的な問題で子供のぬいぐるみを

取り上げた方が良いだろうかと悩むお母さんもいるでしょう。

しかし子供にとって、ぬいぐるみは自分が大人になるまでの間に

一番近い場所にいてくれる、かけがえのない「お友だち」です。

ぜひ洗濯してお子さんのそばにきれいな状態で置いてあげてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする