天井のヤニの掃除方法とは!?気になる黄ばみを真っ白に?おすすめ掃除方法!

家にタバコを吸う人がいると、ヤニの汚れが気になりませんか?

せっかく建てたマイホームの壁や天井が黄色くなっていく…。

天井って、腕を伸ばしてゴシゴシ拭くのが大変です。

天井の黄ばみって、ただやみくもに拭いてもなかなか落ちないガンコな汚れです。

上手に天井の掃除をする方法をご紹介します!

どう落とす?天井のヤニの掃除方法とは!?

[quads id=1]

黄ばみの原因はヤニ(タール)です。

ヤニは植物樹脂で、粘着性があり、一度天井に付着すると、こびりついてしまいます。

そして、それを放置し続けると汚れが蓄積し、さらに、ホコリが付着して、よりガンコな汚れになっていくのです。

最初から雑巾でゴシゴシ拭くだけでは、時間と労力がとてもかかります。

天井の掃除を行うのに最適なのは、晴れて乾燥している日です。

水拭きをするので、乾燥できないとカビが生えてしまいます。

壁紙がきちんと乾燥できる晴天の日に行いましょう。

天井の掃除ではまず始めに、天井に付着したホコリを落としていきます。

掃除機で吸っても良いのですが、掃除機を天井に向けるのって、重いし大変ですよね。

掃除機を持ち上げるのが大変ならば、ポリはたきを使っても良いでしょう。

ポリはたきとは、ホームセンターなどに売っているふわふわのはたきで、静電気を発生させてホコリを取るものです。

買いに行くのが面倒であれば、本や古紙を捨てる時に使うひも(ポリひも)で作ることもできます。

ホコリを全体的に取った後に、水拭きをします。

腕がつらいようなら、柄の長い清掃用ワイパーを使っても良いですね。

ヤニは水溶性で、水拭きだけで落とすこともできますが、ガンコな黄ばみの場合は、洗剤を使って拭きます。

最近では、ヤニの汚れを取る専用の洗剤があります。

ヤニ専用の洗剤を買うのが嫌な人は、掃除用のアルコールや中性洗剤を水で薄めたものを使うと良いでしょう。

オレンジオイル配合の洗剤を使うと、タールの油分を分解してくれます。

ガンコな汚れに、メラミンスポンジで拭き掃除をするのも良いでしょう。

メラミンスポンジは、汚れに対して万能です。

そして、最近話題になっている「セスキ炭酸ソーダ」、これも、ヤニの汚れに効果的です。

セスキ炭酸ソーダを水に薄めて、拭き掃除をしましょう。

洗剤を使った後は、水拭きで仕上げます。

洗剤を使った後に水拭きをして、まだ汚れが残っているようなら、洗剤での拭き掃除と水拭きを交互に繰り返しましょう。

天井の掃除はここに気をつけて!

天井の掃除で注意したいのは、掃除をしている最中に、下にあるものを汚さないことです。

洗剤を使っての拭き掃除では、洗剤で掃除して、水拭きするのを繰り返すことできれいになります。

その時、洗剤が天井から垂れてしまう危険があるので、水拭きをする時は固く絞った雑巾を使いましょう。

そして、固く絞った雑巾は多めに用意しましょう。

垂れてしまった洗剤によって、床や家具を汚さないのが大事です。

拭き掃除に洗剤を使う際には、必ず目立たないところで試してみましょう。

洗剤が、天井の素材に合わないことがあります。

最も重要なのは、とにかく根気よく掃除すること!

天井の拭き掃除は、とても広い範囲を行うことになります。

ガンコな汚れの場合には、拭くのを何度も繰り返さなければなりません。

途中で力尽きてしまっては、天井の色ムラがはっきり残ってしまいます。

一度手をつけたからには、最後までやり遂げましょう。

まとめ

天井の掃除は何かと面倒ですし、手間がかかります。

しかし、一度寝転んだ時に見る真っ白できれいな天井を見たら

「やって良かったな」

と思うことは間違いありません。

今年の大掃除は、家族にも手伝ってもらって、天井まできれいにしちゃいましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする