テレビの掃除の仕方とは!?画面の手垢や指紋を正しく掃除する方法!

もう今の時代、液晶のテレビが主流になりましたね。

テレビってつけているうちはわかりづらいですが、

消すと汚れがすごく目立ちますよね。

拭いても拭いても、すぐに汚れてしまいます。

うちは、日常生活ででるほこりはもちろんですが、

子どもがべたべた触ってしまうのです。

それもなにかを食べた汚れた手で…

毎日お掃除するのはめんどくさいですし、

テレビのほこりって意外とすんなり取れないんですよね。

そこで今回は間違ったお掃除方法を使用しないために、

かつお掃除回数とストレスを減らすために調べてみました。

テレビ掃除はほこりとの闘い!?

[quads id=1]
液晶テレビってものすごく精密な機械です。

画面がよりクリアになったり、

薄くなったりしているのでどうしても壊れやすいのです。

壊れる一番の原因が、このほこりです。

テレビに限らず家の中のある電化製品は

どれも掃除をしないとほこりまみれになってしまいます。

テレビは空気の中にある

静電気がくっついて、ほこりになります。

電化製品はとてもほこりを吸収しやすいのです。

指紋はもう、ご存知な通り

べたべた触ることでついちゃいますよね。

テレビ掃除で画面をきれいにする方法

テレビの見える部分の掃除ももちろんですが、

裏側ってみたことありますか?

もうどこからでてきたの?

ってくらいほこりが住み着いています。

では、このほこりをきれいに落としていきたいと思います。

まず必要なものは、

・掃除機

・クロス(メガネや携帯電話の画面を拭くときのあれですね)

・雑巾

・柔軟剤(もしくはリンス)

お家にあれば専用クリーナーやブラシ

どうして柔軟剤?疑問に思う方もいらっしゃいますよね。

それは柔軟剤に含まれる成分に関係しています。

柔軟剤はほこりが溜まる原因の静電気を予防してくれます。

触れたときにパチッとなるあれですね。

余談ですが、柔軟剤って匂いをつけるためだけではなく

衣類の静電気も予防してくれています。

お掃除屋さんも使われている方法なので、

ぜひ取り入れてみてください。

①掃除機でほこりを吸い取る。

まずは可能な限り、掃除機で吸い取ってください。

裏側を見たことがない!って方は入念にお願いします。

掃除機がないわ。

なんて方はとばしてもらっても大丈夫です。

②クロスで汚れた箇所をきれいに。

ここで注意したいことが!

間違ってもテッシュは使わないでください。

摩擦を起こし、余計なほこりまで吸い寄せてしまいます。

③雑巾で最終仕上げを

雑巾と水が入る容器に柔軟剤を数滴いれてよく混ぜます。

必ず使う量は数滴です。

容器の大きさによっては一滴でもいいくらいです。

そこに乾いた雑巾を投入します。

いい感じに濡れたら絞ります。

しっかりと、力いっぱい絞ってください。

雑巾が乾く勢いで絞ってもらって大丈夫です。

濡れたままの雑巾を使うと故障の原因になりかねませんし、

柔軟剤も本来洗濯に使うものですから量はしっかり守ってください。

専用のクリーナーやブラシをお持ちの方は、それがベストだと思います。

ここで、万が一柔軟剤がないからと代用はNGなものをご紹介します。

・アルコール

・クリーニング液(電化製品専用以外)

・中性洗剤

以上のものはテレビのコーティングごと

剥がしてしまう恐れがあります。

掃除をしようと思ってテレビを

買い替える羽目になると痛い出費ですよね。

柔軟剤以外を使用する場合は使う前に

よく成分を確かめてから使用してください。

また柔軟剤がどの家庭のテレビにも絶対大丈夫とは言い切れません。

なので、一度テレビの足や画面の淵などの目立たない箇所を拭いて、

試していただくことをオススメします。

まとめ

 

我が家でも実践してみたところ、

いつもはもっと気になるほこりが目立ちにくくなっていました。

効果は確かにあるようです。

ほこりを抑えるものに、

空気清浄機を使われるのもいいかと思います。

空気清浄機がすべてを

吸収してくれるわけではないですが、ほこりは減ります。

ほこりの悩みを解消してストレスのない生活にしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする