あの臭いとはサヨナラ!台所の生ごみ臭対策はこれで決まり!

いやーな生ごみ臭、誰もが経験あると思います。

できることなら触りたくないですよね。

開けるたびにする臭いに、気持ちも滅入ってしまいます。

そこで今回は、嫌なごみ臭の対策をご紹介します。

台所の生ごみ臭が染みついたごみ箱対策

[quads id=1]

なぜあんなに臭うのか知っていますか?

臭いの正体は雑菌です。雑菌は湿った場所や水分がついている場所が大好きです。

目には見えないですが、みるみるうちに増えて臭いの原因になっています。

家庭にあるもので臭いを減らすことができるので、ぜひ実践してみてください。

・お酢・重曹

・アルコール・漂白剤

どれでもお家にあるもので大丈夫です。

100円ショップ等で売っているスプレーに水と一緒に入れて、さっと振りかけてください。

これもかけすぎると、水滴を求めて雑菌が集まってくるので要注意です。

しっかりかけて、あとで拭き上げるのも効果的です。

わたしはごみ箱を中に置かず、外に出しています。

中に置いておくと少なからず臭うのがすごく嫌で…

臭わない代わりに毎回外にごみ箱を入れにいかないといけないですが。

毎回めんどうだという人は、ごみ箱専用の消臭剤を活用することをオススメします。

これでもまだ臭いが気になるというかたは、ごみ箱本体を一度洗ってください。

染みついた臭いはなかなか消えないもので、洗剤をつけて洗うとある程度は気にならなくなります。

それでもまた放置していたら繰り返してしまうので、上記で書いたスプレーは頻繁に使用してください。

台所の生ごみは処理機でラクチン!


もうとにかくごみに触れるのが嫌だ!という人にはごみ処理機が便利です。

ごみ処理機ってもともと家についていたという人以外は、あまり馴染みがないのではないでしょうか。

お値段は決して安くはないですが、普段の家事はぐっと楽になるようです。

いざごみ処理機を買おうと思っても、電化製品って失敗できない買い物ですよね。

まずごみ処理機は2種類に分けられます。

電気代は安いが管理が必要な「バイオ式」

微生物の力を借りて処理します。

メリット

・堆肥が作れる

家庭菜園や植物を育てている人にはオススメです。

・電気代が安く済む

微生物が主な原動力なので安く済みます。

デメリット

・管理

バイオ材というものが必要で、数か月での交換が必要になります。

・においがする

生ごみから堆肥を作るわけですから、それなりににおいます。

そのためベランダや屋外での使用が多いようです。

同じバイオ式でも電気のいらないものも発売されていますし、バイオ材が最大10年交換不要、なんてものもあります。

電気代は高いが管理が不要な「乾燥式」

電気で風を起こして処理します。

メリット

・生ごみを入れるだけ

乾燥しながら小さくするので、ごみは入れて放置でOKです。手間がかかりません。

・置く場所に悩まない

においが軽減されているので、室内置きでも大丈夫です。

デメリット

・電気代

バイオ式とは違い電気の力で処理するので、その分電気代がかかります。

こちらももちろんエコにこだわったものや、大きさも様々です。

従来のものに共通するのは、音がでるということです。

近年のものは音にも配慮したものも発売されていますが、多少なりともでるものだと考えていたほうが良いでしょう。

そして、わたしが最もオススメするものが、電気代のかからないエコタイプです。

入る量は小さめですが、ごみを入れて手動でクルクル回すだけでめんどうだったごみ処理ができてしまいます。

本体も安めで、電気代もかからず、臭いの軽減もできます。

マイナスポイントは入る量が決まっているので、放置ができないというところですかね。

まとめ

特に夏場の生ごみって臭いますよね。

ちょっと高い買い物にはなりますが、これ一つであの臭いがなくなると思えばいい買い物のような気もしてきます。

以上3種類紹介させてもらいましたが、使いやすいものをと様々なものが販売されています。

どこに置いても良いようなデザイン性のあるものや、使いやすさにこだわったもの、たくさんある中でどれが一番家庭に合っているのか見極めて購入してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする