綺麗な台所にするために!シンク掃除のオススメ用品

年末も近づき、大掃除の季節になってきました。

掃除の大変な場所といえば水回りです。

お風呂にトイレに台所と、どれも毎日使うところなので汚れやすいですよね。

特に台所は食材を扱うところなので日頃から綺麗に保っておきたいですよね。

しかし思いとはウラハラに気が付けばカビや汚れができている…なんてことありませんか?

そこで台所シンクをピカピカにする方法やオススメ用品を調べてみました。

これで台所シンクのカビも怖くない!?オススメの掃除用品

[quads id=1]

シンクのお手入れでオススメの掃除用品といえば、重曹と酢またはクエン酸です。

重曹は弱アルカリ性で油を浮かしてくれる効果があり、酢やクエン酸は水アカを落とす効果や殺菌作用があるといわれています。

毎日の食事を作る場所なので殺菌作用があるのは嬉しいですよね。

ではどのようにしてお手入れすればいいのでしょう?

シンク全体

シンク全体を綺麗にするには、まず全体に酢をスプレーで吹きかけ30分ほどおきます。

水アカが浮いてきたらメラミンスポンジで汚れを落としてください。

それでも激しいところは、“パック法”がオススメです。

キッチンペーパーをのせ、酢をスプレーし、上からラップを被せるといったパックのような方法です。

1~2時間置き、その後水やお湯で流すと、あらびっくり!

頑固な水アカや汚れも落ちてピカピカになりますよ。

排水口

シンクのヌルヌルしている場所といえば排水口ですよね。

汚れもつきやすく取れにくい…なかなか手強い場所です。

ここで重曹の出番です。

重曹は研磨剤の作用もあるのでヌルヌルが落ちやすくなります。

まず排水口の部分ごとに分けて重曹で磨きます。

使用済み歯ブラシなど細かなところにとどくものがいいですよ。

磨いた上から酢またはクエン酸をかけます。

すると重曹と酢が発泡して泡がでてくるので、そのまま30~1時間ほど置いておきます。

(発砲は炭酸ガスなので体への害はありません)

その後洗い流すと、二度目のあらびっくり!

新品のように変身しますよ。

注意点としてシンクを磨く時は金属タワシを使わないようにしてください。

シンクに細かな傷がつき、よりカビが発生しやすくなるので気をつけてくださいね。

では、綺麗になったシンクはどうやったら毎日維持できるのでしょうか?

綺麗なシンクを保つには!?

ピカピカにしたシンクは汚したくないですよね…ちょっとしたお手入れでいつも清潔・綺麗にシンクを保つことができます。

それは使用した後に水滴を残さないようにすることです。

シンクを濡れたままにしておくと、カビも発生しやすく、輝きも失われていきます。

水仕事が終わったら、しっかりとふきとることを心がけてみてくださいね。

台所のシンクに傷がついてしまった時の対処法!

毎日使うところなので、どんなに気をつけても傷はついてしまうものです。

目立つ場所についたものは何とかして治したいものですよね。

新品同様まではいきませんが、目立たなくすることは可能です。

オススメなのはスポンジとクリームクレンザーです。

ここで大切なのはクリームクレンザーの“研磨剤成分”です。

研磨率が高いと粒子が粗いため、逆にシンク傷つけることになってしまいます。

研磨率が低ければ粒子が細かいということになるので、水回りにはできるだけ低いものを選んでくだいね。

プロの方が紹介していたのですが、水回りに使うには『研磨剤20%』の成分がベストです。

買う時に裏側を確認してみてください。

同じ研磨剤といえば重曹もあり、使用可能ですが、スポンジによく水分を含ませてから磨いてください。

準備ができたら、シンクの傷の部分を丁寧に磨いていきます。

その後、金属磨き用の研磨剤を使ってさらに擦っていきます。

研磨剤を使ってステンレスを削り、傷を目立たなくしていっているので、やりすぎないように気をつけてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

水回りは綺麗にすると運気もUPするといわれていますから良いことづくしです!

台所は家族の健康を支える場所です。

いつも気持ちの良い空間にしておきたいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする