シンクの水垢を落とす方法とは!?頑固な汚れもスッキリさせる!

年の瀬も押し迫り、気になるのが大掃除。

「楽勝、楽勝」と余裕の顔をしている方は

少ないのではないでしょうか。

特にシンク等の水周りは、この時期寒くて嫌ですね。

できれば、ラクしてキレイに保ちたいもの。

年末時期必見です!

シンクの水垢を落とすコツについて調べてみました。

シンクの頑固な水垢を簡単に落とす裏ワザとは!?

[quads id=1]

一般的には、シンクの水垢や汚れを落とす時には、

クレンザーを使用される方も多いのではないでしょうか?

クレンザーで掃除をした後は、ピカピカ輝いて見えるので、

一見良さそうなのですが、

クレンザーには研磨剤と呼ばれる成分が入っているものがほとんどで、

実は研磨剤でシンクを削ることで磨くというものなのです。

最近ではできるだけ傷をつけない研磨剤が少ないクレンザーなども

売られていますが、基本的な考え方は“削って磨く”なので、

シンクを傷つけていることになります。

クレンザーは使えば使うほど、

細かな傷を増やしているに過ぎないのです。

傷が増えると、そこに汚れが溜まりやすくなるので、

さらに掃除がしにくくなってしまいます。

これは、白いスポンジでおなじみの「メラミンスポンジ」も同様です。

特に、メッキや塗装がされているものは、

剥がれてしまう可能性があるので、使わないようにしましょう。

そこで、傷をつけずに頑固な水垢を

落とすのによいものが、「クエン酸」です!

水道水にはカルシウムやマグネシウムなどの

ミネラルが含まれますが、水分は蒸発しても

ミネラルは残るのでそれが頑固な水垢となってしまうのです。

カルシウムやマグネシウムなどのミネラルは酸性で

溶解しやすくなるので、水垢を落とす時には

酸性の「クエン酸」がいいというわけなのです。

ただ、クエン酸だけでは取れない水垢もあります。

そんなときは、クエン酸を使った後に、

摩擦効果のある重曹を使うようにしましょう。

【クエン酸・重曹の水垢クリーナー】

 <準備するもの>

  ・水 200ml

  ・クエン酸 小さじ1

  ・スプレー容器

  ・重曹

  ・スポンジ

 <クエン酸スプレーの作り方>

・スプレー容器に水(200ml)を入れて、そこへクエン酸を小さじ1杯入れます。

・よく混ぜれば、クエン酸スプレーの出来上がり!

 <掃除方法>

①気になる汚れにクエン酸スプレーを塗布してキッチンペーパーやラップなどで、

流れ落ちないまた乾かないようにして、1時間ほど置く。

②塗布した部分に重曹をまぶし、スポンジでこする

③水で洗い流す

※これでも取れない水垢には、さらにクエン酸スプレーを塗布して重曹で磨く。

これを繰り返してみてください!

 

これで水垢がつかない?シンクをきれいに保つ方法とは!?

効果的な掃除の方法は分かりましたか?

でも、毎日クエン酸スプレーと重曹で掃除するのは大変です。

できれば面倒な掃除は避けたいところですね。

では、日頃から水垢が付かないように、

シンクをきれいに保つ方法はないのでしょうか。

先ほども書いたように、水垢の原因は、

水分が蒸発した後に残るカルシウムなどのミネラルです。

なので、水分を残さないことが第一です!

1日の終わりには、水分をふき取るように心掛けましょう。

我が家では、夕食の片付けが全て終わった寝る前に、

台拭きなどで使っていたタオルを

最後の仕上げとして、シンク周りの水分をふき取るのに使っています。

さらに、水分をふき取る前に、台所用洗剤で

シンクを軽く掃除するようにすると

汚れも落とすことができて、よりきれいに保つことができます。

まとめ

毎日のことなので、めんどくさいなと

思う日もあるかもしれません。

しかしこれを続けることで、きっとあなたのシンクは

毎日ピカピカに保つことができます。

毎日見る場所なので、

シンクがピカピカだと気持ちがいいですよね^^

この記事を参考にぜひ頑張ってお掃除してみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする