掃除機をかけるときのホコリが気になる!換気はすべきか!?

みなさんは掃除機をかけるときは窓を開けていますか??

掃除の際には換気をする習慣が日本にはあります。

ですが、現代日本においては窓を開けて掃除することに気が引ける人も多いのではないでしょうか。

気になる掃除のときの換気や掃除の仕方について調べてみましたので、今後の掃除の参考にしてみて下さい!

掃除機をかけているときは窓を開けて換気するのは良くないって本当!?

[quads id=1]

その通りなんです!!

最近の見解では、掃除の際には窓を閉めるのが常識になりつつあるって知っていましたか??

掃除機をかけるときに気になるのはホコリの舞い上がりです。

せっかく掃除機をかけていても空気中にホコリが舞い上がっていたら、吸い取ることはできません。

それどころか、掃除機の排気によってさらにホコリが舞い上がってしまいます。

なので、最近では掃除機をかけるときは窓を開けない方がいいんです。

家中の窓を開けて掃除をするのは一昔前の話。

はたきやほうきで掃除していたころは換気しながらというか、掃き出しの窓から外に向かってホコリを掃き出していました。

しかし、現代の住宅事情や集合住宅においてはご近所トラブルになりかねません。

現在は共働きの家庭も増え、平日の掃除は朝か夜しかできません。

騒音やホコリのまき散らしなどを避けるため、窓を閉めて掃除をする人も多いはず。

掃除の新常識としても理にかなっているので、これからはぜひ窓を閉めた状態で掃除をしましょう。

掃除機の効果的なかけ方とは!?

昔の掃除は

1. 片付け

2. はたきをかける

3. 棚などの拭き掃除

4. ほうきまたは掃除機をかける

5. 床の拭き掃除

の順に行う家庭が多かったと思います。

ですが、これでは1.の時点でホコリは舞い上がり、2.では完全にホコリが部屋に漂います。

そんな中で掃除機をかけたり拭き掃除をしたりしてもあまり意味はなく、棚や床にまたホコリが落ちてきます。

なので、最近では

1. 床の拭き掃除

2. 片付け

3. 棚などの拭き掃除

4. 掃除機

の順に行うのが有効で効率的です。

また、最後に

5. 換気

を独立して行うのが最適です。

掃除が終わった後に換気をすれば、せっかく落ちてたまっていたホコリを舞い上げずに掃除ができ、騒音なども気になりません。

窓だけでなく、換気扇や空気清浄器による換気も同様で、掃除が終わった後に行いましょう。

今までの常識では、掃除の前に窓を開けるなどの換気を始め、換気をしながら掃除をして、終わったら窓を閉めるなど換気も終わりにしていたと思います。

これでは、掃除の前に落ちていたホコリを空中にバラまき、ホコリをバラまきながら掃除をして、MAX空気中にバラまいたところで換気を終わりにして、部屋にホコリを閉じ込めていたことになります。

なので、掃除をしても数時間後には床や棚にホコリがたまり始めます。

それどころか、人の動きでホコリは舞い上がり続けて、その空気を吸っていることになります。

ですので、これからは掃除をするときにはまず床の拭き掃除から始めましょう!

もちろんフローリングワイパーなどの拭き取りで十分ですよ!

掃除の最適なタイミングは??

では、掃除をする最適なタイミングはいつなのでしょうか??

正解は、「人が活動する前」です。

ホコリはもちろん、ホコリの中でもアレルギーを引き起こすハウスダストは厄介です。

ハウスダストは1mm以下の小さなホコリで、目に見えません。

小さいために空気中に舞い上がりやすく、体内に入ると悪影響を与えます。

ダニやダニの死がい・フン、カビ、細菌、花粉などもハウスダストに含まれます。

このハウスダストをしっかりと除去するには拭き掃除が一番です。

そのため、ハウスダストが下に落ちているときに掃除をするのが最も効果があります。

ハウスダストは人の活動によって舞い上がるため、舞い上がる前に拭き取ってしまいましょう!

ですので、掃除の最適なタイミングは、

1. 朝:寝ている間にハウスダストが下に落ちている

2. 夕方:昼間人が出払っていてその間にハウスダストが下に落ちている

ときのどちらかになります。

ライフサイクルが異なる人はタイミングも変わってきますので、自分の活動時間に合わせて掃除しましょう。

掃除を終わってから、しっかり換気!

どうでしたか?

掃除の新常識、「換気は掃除が終わってから」というのも納得できたでしょうか?

ぜひ、今後の掃除の参考にしてみて下さいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする