洗濯物はもうたたまない!?たたまなくてもできるうまい収納法はこれ!

みなさん、一人暮らしをしたことはありますか?

「親と一緒に実家暮らしをしているからないよ!」

という方もいると思いますが、地方に住んでいて進学のためと東京や大阪、名古屋などの都市に上京して生活をしている方もいると思います。

そこで一番困るのはどのようなことですか?

食事?

掃除?

洗濯?

生活費?

さびしい?(笑)

まぁ人によって得意不得意もあり、全然何も困らないよ!という人や、どれも苦手で大変!どうにかして…という方。

色々な方がいると思います。

家事は苦手で食事はコンビニや外食などで済ませるから大丈夫だけど、洗濯が苦手。

洗ったはいいけどかさばるし、たたむのは面倒だし…という方に、洗濯に関するちょっとした整理整頓のヒントなどをお話ししますね!

洗濯物をたたまなくても本当にうまく収納できるの!?

[quads id=1]

特に男性は「めんどくさい」と思う方が多いですね!

若い男性の一人暮らしでは誰にも迷惑はかからないし、自分自身が気にしなかったら別にいいのでは!?

また

「すぐに着るから~」

なんて思いますよね 。

でも油断していたら友人や知人などが突然自宅に来る、ってことも考えられますよ~。

それに彼女ができたらきれいな部屋に呼びたいですよね。

「たたまなくても収納できる」ちょっとしたヒントをお伝えしますね!!

ハンガーで干してハンガーのままクローゼットなどにそのまま持って行く!

干すときは少し面倒かもわかりませんが、とにかく干した後が楽です。

欠点は、ハンガーが大量に必要なことと靴下、下着類、タオルは無理なことですね!

これだけでは靴下と下着類、タオルなどが山になりますね!

収納ボックスを利用する!

下着やタオル、靴下などたたまずにそのまま整理して収納ボックスに入れてしまえばたたまなくて済みます。

ちょっと収納ボックスを置くのに場所がいりますが…

外干し用ピンチハンガーに洗濯物を干してそのまま着る!

これは本当にあまりお勧めしませんが、本当にたたまなくて済みます(笑)

ただし、次に着ない衣類はそのまま放置の可能性があります。

この3つを組み合わせれば本当に毎回たたまなくて済みそうです。

ただ、見た目が悪いのでその人の価値観などで実行されることですね。

同時に3つ実行するのは難しいなら、まずは自分ができそうなことを実行してみてはどうでしょう!

もしくはローテーションで一つずつ実行してみては、いかがでしようか?

洗濯物をたたまないことのメリットとは!?


たたまないことでどのようなことが利点になるかちょっとお話をしますね!

もうわかっていると思いますが、まずは時間の無駄にならない。

これしかありません(笑)

それと干した洗濯物の山を作らないようにしたら部屋の美観も保たれます。

もう一つの利点は着ない衣類がわかることです。

いつも着る衣類以外はクローゼットか収納ボックス、ハンガーにあると思いますので一度自分の衣類の使用頻度を見ていらない衣類の整理することができますね!

さらには、大雑把にたたむより変なしわがつかないのでいいですね!

きれいにたたんだつもりでも変なところにしわがついてしまうことってありますよね。

シャツなどはしわがつけば着なくなるか、アイロンを掛けないとちょっと恥ずかしいですね。

特に若い男性はアイロンを持ってない人が多いと思います。

結果、着ない衣類が増えて悪循環に陥ります。

少し頑張ったら手間が省け、時間の節約にもなると思います。

まとめ


若い男性は特に面倒なことを嫌います。美観など気にしません。

ほっとけば干した洗濯物の山ができます(笑)

ちょっと工夫をすることで床の山積みの洗濯物が邪魔にならず、時間の無駄もなくなり、部屋の整理整頓にもなります。

では、めんどくさがりのあなたに最後に究極の方法をお伝えします。

ズバリ、毎日使う衣類しか干さずに干したものだけ使う!

そして、使わない衣類は持たない!

もう最後はこれしかありませんね。

節約とエコになります。

ただ、洗濯を忘れると着る衣類がなくなりますが…(笑)

その点はご注意くださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする