実は知られていない!?洗濯の毛玉って意外な理由があるんです。

もう衣替えが終わったころでしょうか?冬になるとあったかいものが着たくなりますね。

ニットやセーター、カーディガンなんかを普通に洗濯しちゃうと

「お気に入りの服に毛玉が!」

なんて経験をしたことある方も多いのではないでしょうか?

わたしも経験があり、大人のものは数々の毛玉を作って後悔したので気を付けていたのですが、見落としがちだったのが子どもの衣類です。

子どもの衣類って小さいし分けて洗うには水道代も洗剤ももったいない気がして、そのまま洗ってしまっていたんです。

毛玉対策やニット専用の洗剤も多くなってはいますが、これも使い方を間違うと服を傷める原因になってしまうのです。

着ようと思ったら毛玉だらけだった。

なんてことにならないように、対策をみていきましょう。

洗濯の毛玉はタオルのせい?

[quads id=1]

冬ものの衣類と相性が良くないもの第一位がタオルなんです。

お風呂はもちろん台所や洗顔なんかでも、毎日たくさん使いますよね。

タオルってハンカチも含めていろんな種類がありますが、実は洗濯することによってどれも繊維が抜けていくのです。

衣類とは作りに違いがあるので、一緒に洗濯しちゃうとタオルで抜けた繊維が衣類に絡まって毛玉の原因になります。

衣類の素材によってできにくいものもありますが、高級なカシミヤやウールの服でも何度も洗濯しているうちに摩擦にやられてしまいます。

タオルも好みがあると思いますが、ふわふわのタオルがとくに好き!って方もいますよね。

そのふわふわのタオル、実は毛玉の大きな原因なのです。

「新品のタオルは必ず洗うこと」

を徹底してください。

新しければ新しいほどタオルの繊維はでてくるようですが、何度も洗ううちにでてくる繊維は少なくなります。

濯が終わり干すときは、タオルの両端を持ってよくはたいてから干してください。

洗濯によってでた繊維を落としておかないと、次に洗濯したときに更に繊維が増え毛玉の原因になってしまいます。

洗濯の毛玉の原因は他にもある!?

実は服や靴下って着ているだけでも毛玉って発生するのです。

そんなに原因があると

「じゃあもう暖かいニットは着られない!」

とあきらめるのはまだ早いです。

あきらめる前に是非参考にしてほしいことがあります。

日常生活で毛玉ができる原因は、以下のとおりです。

・座って毛布を使うとき

・歩く際、腕や脇がすれるとき

・靴を履いて歩くとき

どれもこれも仕方のないことですよね。

冬もの衣類って摩擦や静電気にすごく反応します。

ただどの原因も正しい洗濯の仕方を取り入れるだけで、改善できます。

洗濯ネット

ニットなんかを洗うときは必ず使ってください。

他の洗濯物との摩擦を抑えて毛玉をできにくくしてくれます。

ですが、洗濯ネット一つに衣類も一つを心掛けてください。

ネットに入った衣類どうしが擦れて毛玉を作ってしまいます。

柔軟剤

たいていは皆さん使っていますよね。

この柔軟剤、匂いを付けるためだけのものではないんです。

特有のごわごわを柔らかくして摩擦を減らし、静電気の発生を防いでくれます。

靴下

男性や子どもって

「靴下を裏返したまま洗濯機に入れている!」

ってことありませんか?

靴下にも毛玉ができやすいのですが、これ、実は正しいのです。

裏返すことによって摩擦を減らし、靴に触れる部分の毛玉を防いでくれます。

服にも休息を

毎回同じ服を着ているとそれだけ生活からくる毛玉も、洗濯による毛玉も増えていきます。

靴は2足を交互に履くのが長持ちするのと同じ原理ですね。

洗濯機いっぱいの洗濯物

寒くなるにつれて洗濯物って億劫になりますよね。

しかしいっぱいに詰め込んで洗濯するとそれだけ服どうしがすれて服が傷んでしまいます。

毎日満杯の洗濯物がある!って方はめんどうでも2回に分けるか、オシャレ着だけ分けての洗濯をおススメします。

まとめ

わたしはやっぱり、子どものものだけ分けて洗うのはめんどくさい!と思っちゃうので、小さめの洗濯ネットを活用しています。

もう毛玉ができちゃった、って方は手動のカミソリや毛玉取りを使ってみてください。

100円で買えるものもたくさんありとても便利ですが、やりすぎは服を傷めて生地が薄くなってしまうので毎回の使用は避けて用法をよく守ってお使いください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする