洗濯の香りってどうすれば引きたつの!?秘訣教えます!

街中ですれ違う人の匂いに

「あ、いい香り」

となった経験ってありませんか?

いいと思う匂いって好みがありますが、自分の好みの香りを際立たせたいですよね。

洗剤は洗濯洗剤から柔軟剤、オシャレ着洗いまでたくさんのものが発売されていますよね。

香りのブームとでもいうのでしょうか。

近年では香りづけ専用なんてものを目にすることも多くなりました。

そこで今回はいい匂いを引きたてよう!をテーマにご説明していきたいと思います。

洗濯で香りづけするポイントとは?

[quads id=1]

ひとくくりに洗剤といっても、実はそれぞれ得意な分野があります。

まず汚れをしっかり落とさないと、衣類に染み込まれた皮脂の匂いと混ざって思ったのと違う匂いに、なんてことになりかねません。

満たんに入った洗濯物を回していませんか?

詰め込むとそれだけ洗剤や柔軟剤が行き届かず、汗や皮脂の匂いも残ってしまいます。

しっかり匂いをつけたいからと柔軟剤を入れすぎていませんか?

柔軟剤のキャップのところにある、メモリの規定量を守ってお使いください。

入れすぎたり少なすぎたりすると、せっかく洗った洗濯物がごわごわになりかねません。

入れる順番を守っていますか?

洗剤と柔軟剤を同時に入れて、スタート

「あとは洗濯機にお任せ!」

なんて方も多いとは思いますが、最初から柔軟剤を入れるのではなく「すすぎ」のときに入れるのが一番効果的だといわれています。

洗剤はさきに入れてしっかり汚れを落とし、汚れが落ちたタイミングで匂いづけの柔軟剤を入れてみてください。

脱衣時間は大丈夫ですか?

脱水はすればするほど乾燥し、洗濯物が乾きやすくなりますよね。

しかし、長すぎると柔軟剤の香りが飛んでしまうので要注意です。

脱水は2分を目途に使用してみてください。

いつも天日干しですか?

お日様は洗濯物についた雑菌を飛ばしてくれますが、同時に匂いも飛んでいってしまいます。

そのため室内干しのほうが匂いいは残りやすいようです。

洗濯槽は定期的に洗っていますか?

掃除機のゴミ箱にゴミがたまるように、洗濯槽にも髪の毛や皮脂、汚れがたくさん落ちています。

洗濯槽用のクリーナーも種類が豊富なので、ぜひ月に1回はお掃除してきれいな洗濯機を保ってください。

以上のことをふまえて、一度お試しください。

「それでも匂いがつかない」

という時は、衣類やタオルに住み着いた雑菌のせいかもしれません。

洗濯専用の漂白剤を入れてしっかり洗ったあと、もう一度柔軟剤も入れて洗濯してみてください。

先日の香りを持続させるのは?

洗濯物を取り込むまではいい香りがしているのに、使うときに匂いがしない!または薄いと思う方もいます。

その際試していただきたいのが

お湯を使う

人肌よりあつい40度くらいのお湯で洗ってください。

雑菌は湿った場所、汗や皮脂がついたところに住み着き、反対に熱い環境が苦手です。

40度のお湯で洗うことによってついた雑菌は死滅していきます。

つけ置き

お湯を張った洗濯槽に柔軟剤を直接入れて30分ほど待ちます。

これも放置しすぎると、雑菌が増える環境をつくってしまうので注意が必要ですが柔軟剤の匂いを持たせるには大変効果的です。

スプレー

柔軟剤を水で薄めて乾いた洗濯物に直接振りかける、ということですね。

もちろんかけすぎには要注意ですが、手っ取り早く匂いをつけたい!という方には効果的です。

簡易的ですが、洗濯物を置き場所に芳香剤を置く、という手もあります。

まとめ

洗剤も柔軟剤もいい匂いのするものを選んでいるのに効果がない、と思っている方は以上のことをぜひ実践してみてください。

余談ですが、バスタオルやタオルってしっかり水分を吸い取ってほしい!という方はなるべく柔軟剤は使わないほうが良いようです。

しっかり洗浄したあと、ほのかに香る程度な柔軟剤を入れてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする