くさっ!エアコンの臭いを取る方法!たばこのにおいも撃退しちゃえ!

季節の変わり目にエアコンをつけたら、

なんだかにおうなと思ったことありませんか?

エアコンなんて気軽にお掃除できないし、

つけていてもにおうとなると困ったものですよね。

一見難しそうに思えるエアコンのお掃除ですが、

道具と時間さえあれば比較的簡単にお掃除できちゃいます。

そこで今回はエアコンの臭いを取るを

テーマにお掃除方法を紹介していきます。

エアコンが臭い時の対処法!

[quads id=1]
エアコンが臭くなる原因ってしっていますか?

・カビ

・たばこ

・ほこり

・雑菌

が影響しています。

ペットがいる家庭はそれも原因になります。

まずはエアコンの仕組みを簡単に理解していきましょう。

起動すると、エアコンのなかにお部屋の空気を吸い込みます。

吸い込んだものには空気中にある見えないほこりも

含まれており、エアコンにはそれをきれいな空気と

汚れに分ける働きがあります。

エアコンの中にたまった空気を

使って暖房や冷房に変えていきます。

きれいな空気をお部屋に出していきます。

この仕組みからわかるように、エアコンから出される空気は

もともとお部屋の空気をつかっているのです。

お部屋の空気がたばこ臭い場合は

そのまま放出されてしまうのですね。

たばこだけでなく、カビやほこりも臭いの原因になりますので、

エアコンのお掃除は欠かすことができません。

カビやほこりは表面についたものは

お掃除できますが、内部までのお掃除は難しいです。

お掃除に取り掛かる前に、必ず電源は抜いてください。

お掃除に用意するものを紹介します。

洗濯用の洗剤

ゴム手袋

歯ブラシ

綿棒

ということで、取り外せるものはひとまず外していきましょう。

その際ですが、エアコンは身長より高いところに

あることが多いとおもいますので、脚立などを用意して

足元は十分気を付けてください。

カバーはエアコンの顔の部分。

ルーバーは風向きを変える部分。

フィルターはカバーの中にある網状の部分です。

以上3点です。

お使いのエアコンにより取り外せないものや

方法は違ってくると思いますので

説明書かインターネットで調べて行なってください。

上記の3点を取り外してほこりを取り除いていきます。

掃除機で吸うか乾いた布でほこりをふき取ってください。

1)洗剤を直接触りますので、ここから手袋をしましょう。

2)水をかけて、洗剤を水で溶かしたものにつけておきます。

3)つけている間にエアコン本体の溝や

細かいところを綿棒など使ってお掃除していきます。

4)つけ終わったものはしっかり水洗いし、

新聞紙などで十分に乾かします。

5)もとあった場所に戻して完了です。

セットまで終わったら送風を30分ほどかけておけばOKです。

エアコンのたばこの臭いを消す方法!

お掃除方法は上記と同じです。

フィルターと特に重点的にお掃除することによって

臭いは軽減されるはずです。

そのためにもお部屋でたばこを吸う方は

こまめにフィルターチェックを行うことがおすすめです。

エアコンの手が届かない場所に生えたカビは

なかなかとり切ることができません。

また、何度かお掃除してもたばこ臭い場合は

プロのエアコンクリーニングに頼むことを検討してみてください。

分解作業になるため、自分で行なうのはオススメできません。

そこで一般的に利用されているような

エアコン専用のスプレーがあるのを知っていますか?

もちろん手が届かないところへのお掃除用として

市販で売られているものなのですが、

こういうグッズは使わない方が良いかと思います。

エアコンの内部って、分解して細部までお掃除しないと意味がなく、

完全に臭いや汚れをきれいにすることって難しいのです。

最大のマイナスポイントは、火事の恐れがあることです。

エアコンはすべての部分に水への耐久があるわけではありません。

水が触れてはいけない部分についてしまい、

スプレーをかけることで火災の原因になります。

現に過去4年間で20件未満の火災が起こっています。

まとめ

以上がエアコンのお掃除紹介でしたが、

お分かりいただけたでしょうか。

わたし個人としては見える部分は自分でお掃除、

見えない部分はお掃除屋さんにお任せするのが賢明だと思います。

毎年になると料金もかさばるので、

何年かに一度しっかり見てもらうことで安心して使えますよね、

なんといっても、季節の変わり目には

定期的なお掃除を心掛けるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする