玄関のドア掃除に!水垢や汚れもスッキリ!知っておくべき方法とは!?

昔から玄関は“家の顔”といわれるほど大事な場所です。不思議なもので玄関がキレイだと家全体が美しく見えますよね。

また、最初に目に入る所でもあり、家の印象として残りやすいので、お客様を迎える時はピカピカにしておきたい場所です。

第一印象が肝心ですからね!

そこで、玄関の汚れをスッキリ落とす方法をご紹介します。

玄関のドアについた水垢の簡単な落とし方とは!?

[quads id=1]

通常の洗剤で落ちにくい汚れの代表的な水垢の汚れには『クエン酸・酢』を使います!

水垢はアルカリ性なので、クエン酸や酢など酸性のものを使って落とします。

酢の匂いが苦手な方はクエン酸を使うようにしてください。

(1)最初に水と混ぜ合わせた液を作ります。

・クエン酸水…水100ml、クエン酸小さじ1

・酢水…水100ml、酢小さじ2

(2)作った水に柔らかい布やスポンジを湿らせ、水垢の汚れを落としていきます。

(3)汚れが落ちたら今度は水のみで拭き取ります。

(4)最後は水分を残さないようにしっかりと乾拭きします。

ここで水分が残ってしまうと再び水垢に侵されてしまいます…

一つ気をつけてほしいのは、汚れを落とす時に強く擦りすぎないようにすることです。

色落ちや素材を傷めてしまうこともあるので注意してくださいね。

玄関のドアの汚れ落としに!オススメ方法とは!?

玄関の軽い汚れは『水拭き』するだけで十分落ちますが、激しい汚れには『中性洗剤』を使って落とすのがおすすめです!

ドアの種類に関係なく使えるので安心ですよ。

そうとわかれば、すぐに汚れを落としたくなりますが、いきなり水や洗剤を使って落とすのはNGです!

土や砂が混ざり合って余計に汚れてしまいます…掃除の手順を押さえながら汚れを落としていきましょう!

【手順】

  1. はじめにホウキやハケ、乾いた布でおおまかな汚れを上から下へ、内から外側へ落とすようにしてください。

  1. その後、水または水で薄めた中性洗剤を柔らかい布やスポンジに含ませ、汚れを落としていきます。

  1. 洗剤水を使用した場合は再度水拭きをします。木製のドアを拭く時は含ませた水分が残らないくらいに布を固く絞ってください。

  1. 最後は水分が残らないようにしっかりと乾拭きします。

これで玄関のドアもピカピカです!簡単な手順なので、ぜひ試してみてくださいね!

玄関をキレイに保つコツとは!?

家族が毎日使う場所なので汚れてしまうのは仕方のないことですが、できるだけキレイを保っておきたいですよね。

どうしたらいいのか?玄関のキレイを保つコツを5ご紹介します!

  1. 雨で濡れた靴や傘をそのままなおさない

泥汚れや臭いの原因となるので、一旦別の場所で乾かしてからなおすようにしてください。

  1. 靴の裏底の汚れを一度外で落としてから中に入る

落とす時に古い新聞紙を敷いて使うのもいいですよ。

  1. 扉やドアノブなど手垢がつきやすい所は3日に1回は拭くようにする。

蓄積されると汚れが落ちにくい状態になってしまいます。

  1. 掃除道具を取りやすい場所に置く。

取りやすい場所に置くことにより、“ついで掃除”がしやすくなります。

  1. 靴・小物などの整理整頓

靴が家族の人数以上に出ていたり、傘や子どもの遊び道具などが散らばっていると、どんなに玄関をキレイに磨いても汚く見えてしまいます。

使わないものはこまめに直すようにしてくださいね。

5つのことを普段から気をつけることで、頑固な汚れになるのを防ぎ、掃除も楽になりますよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

家の顔となる玄関はとても大事ですよね。

特にドアの外側は日光や雨風にさらされるので汚れやすくなります。

定期的にドアにワックスをかけるのもオススメですよ!

風水でも玄関は幸運の入れ口といわれています。

いつでも気持ちの良いキレイな玄関にしておきたいですよね。

いつの間にか運気UPにもつながっているかもしれませんよ!

今回の記事が少しでもお役にたてたら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする