布ソファーのクリーニング方法!ソファーでかゆくなるまえに!

布ソファーのお掃除はされてますか?

実は布ソファーは定期的に掃除しないと大変なことになってしまいます・・・。

「ソファーに座るとなんかかゆくなるんだけど・・・」

となるまえにしっかりとお掃除をして対策してくださいね!

今回はソファーのお掃除方法を解説していきます!

ソファーが布製だと実はダニがいるって本当!?

[quads id=1]
布製のデメリットの一つが『ダニ』です。

残念ながら、ソファーに潜んでいます…

布製のソファーは目が粗いので、ホコリがたまりやすく、ダニも繁殖しやすい環境になってしまいます。

「じゃあ、布製のソファーは使えないじゃない!」と思ってしまいますよね…

大丈夫です!

布団と同じで、きちんと予防すれば布製ソファーも快適に使うことができますよ!

ダニは温度20~25℃・湿度60以上の環境が大好きです。

温度を変えるのは難しいですが、湿度は気をつけることができます。

湿度を50%以下にするとダニが住めない環境になります。

その対策方法とは次の通りです!

まずは、湿気が溜まらないようにソファーをきちんと乾燥させることが大切です!

一番効果的なのはこまめに掃除機をかけることです

“布団乾燥機”を使うと良いと言われますが、一度きりでは効果が低いといわれています。

朝晩二回かけると効果が高くなります。

“スチームアイロン”もよく聞きますが、ソファーのダニ退治にはあまり向いていません。

ソファーの中に使われているポリウレタンウォームにはキッチンスポンジのように水に濡れても大丈夫なものと、劣化が早くなるものがあるので、何も確かめずに使用してしまうとソファーを傷めてしまいます。

問題ない場合は、スチームアイロンを数センチ離すか、タオル越しに使うようにしてください。

それでも、必ず目立たない場所で一度確認してくださいね。

その他、ダニ対策をまとめると、

・部屋の換気をこまめにする、除湿器をおく

・ダニ退治スプレー、シートを使う

・ソファーカバーを使う(洗濯しやすいように)

・ソファーの上での飲食をさける

などがあります。

ダニスプレーはノズル式もあるので、どのタイプがソファーに合うか確認してくださいね。

また、布製は液が染みこみやすいので効果的です。

もう一つ注意点があって、乾燥させるには、「ソファーを日当たりの良い場所に!」と思いがちですが、日光で変色し目立つこともあるので、直接当たらない場所に置く方がソファーをキレイに保てますよ!

布製ソファーが汚れた時の対処法

布製ソファーは汚れや臭いが染みこみやすいのも悩みですよね…

そこで、汚れや臭いの対処法をご紹介します!

 シミ・通常の汚れ

食器用洗剤をぬるま湯に溶かして、洗剤水を作ります。(3~5%の濃度になるように)

洗剤水を使って汚れた部分をたたくようにして落としてください。

いらない歯ブラシなどを使ってもいいですよ!

最後は40℃くらいのお湯に浸した布を固く絞って洗剤が残らないように拭き取ってください。

油性・頑固な汚れ

まず洗剤水で試してみて、それでも落ちない場合は、除光液やベンジン、アルコールを使用します。

輪ジミができないように外側から中心に向かって、叩くように汚れを落としてください。

最後に濡れたタオルでしっかり拭き取ります。

薬品は、色落ちする可能性も高いので、必ず目立たない所で確認してください。

また、カバーを洗濯する時は、蛍光剤を含んだ洗濯洗剤は、変色の原因となるので使用しないように気をつけてくださいね。

 

臭い

重曹を使いますが方法が2つあります。

1つ目はソファー全体に重曹の粉をふりかけ、2~3時間置き、その後掃除機で吸い取る方法です。

2つ目は重曹で重曹水(水100ml・重曹小さじ1) を作り、 スプレー型の容器に入れ、ソファー全体に吹きかけます。

その後は固く絞った布でしっかり拭く方法があります。

どちらでも臭いはキレイにとれるので、やりやすい方法を試してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ソファーは家族みんながくつろげる癒しの家具です。

上手く対処しながら気持ちの良い空間をつくって行きたいですね。

今回の記事が少しでもお役にたてたら嬉しいです!