セーターの干し方で肩にハンガーの跡を付けないためには!?

セーターをハンガーに干して肩にポコッと後がついてしまった経験がある人も多いのではないでしょうか?

あの跡って意外としぶとく、たたんだり着用するだけではもとにもどらないんですよ・・・。

そのためだけに洗い直したりしてとっても大変です。

セーターやニットは干し方を間違えると肩にハンガーの跡ができるだけでなく、型崩れして縮んだり伸びたりしてしまいます。

今回はセーターの正しい干し方や型崩れした後の直し方についてみていきましょう!

セーターの肩に跡が付かない干し方!

[quads id=1]
では早速、セーターの干し方を紹介します。

平干しする

専用の平干しネットや台を用いて平干しする方法です。

まるで干物を干すようなネットなのですが、これを使用すれば型崩れはしませんので、おすすめですよ!

欠点としてはあまり大量に干すことができないので、お気に入りのセーターだけ試してみてください。

竿に2つ折りに干す

直接竿にかけて2つ折りに干し、型崩れを防ぐ(そでも垂らさないようにきちんと竿にかける)

これが一番すぐにできる方法です。

ハンガーにかけないので、型崩れしないですが、場所を取ってしまうのがデメリットです。

ハンガーを3本使って干す

1本目に普通にセーターをかけ、2本目にすそをかけて平干しのようにし、3本目にそでをかけて垂らさないようにします。

こちらもそれなりに場所をとってしまうのが難点です・・・。

ピンチハンガーに干す

ピンチハンガーの上に平干しになるように広げて干す(そでもクロスさせて垂らさないようにする)

突っ張り棒に干す

部屋に突っ張異棒を設置し竿のように干したり、2本設置して網やネットを渡して平干しする

などの方法があります。

どの方法でもポイントになるのは、すそやそでを垂らさないようにし、型崩れしたり伸びないようにするということです。

セーターの綺麗な干し方に使える100均アイテム

ちなみに、セーターを干すのに使えるアイテムが100均で揃っちゃいます!

ダイソーの平干しネット

折りたためて、2段タイプもあります。

通常は根菜保存のためのものや干物を干す網として使用するのですが、それをセーター干しに代用しちゃいます!

結構便利ですよ!

突っ張り棒と網またはネット

2本のツッパリ棒の間にネットを張ってそこにセーターを平干しできるスペースを作ります。

100均で全て揃えられるので、一度揃えれば便利ですよ!

網とハンガーと洗濯ばさみ

ハンガーに洗濯ばさみで網を取り付け、竿にハンガーをかけて平干しできるようにする方法です。

以上のように、平干しネットだけでなく、工夫すればだれでも簡単にセーターを奇麗に干すことができますよ。

セーターの肩が崩れたときの直し方

ポイントは「水分と熱」です。

  • アイロンのスチームを使う
  • 霧吹きとドライヤーを使う

崩れた部分に水分を与えて熱を加えることで型崩れを直すことができます。

崩れてしまったときはぜひやってみて下さいね。

セーターの正しい洗い方

セーターなどは干すときも大事ですが、同じくらい洗うときも重要です。

ここではおすすめの洗濯方法についてみていきましょう。

コース選択

洗濯機の洗濯コースは「ドライコース」か「手洗いコース」を選択してください!

優しい洗い方のコースを選びましょう。

洗剤

セーターやオシャレ着用の専用の中性洗剤を使ってください。

塩素系やアルアリ性の洗剤は縮んだり、伸びたり、傷む原因になるので避けましょう。

さらに裏返してたたみ、洗濯ネットに入れます。

こうすることで毛玉ができにくくなります。

30℃以下の水で洗うのがおすすめです!

縮んだり伸びたりするのを防ぎますよ!

手洗いの場合は「押し洗い」がおすすめです。

「押し洗い」とは、洗面器などに水を張って洗剤を溶かしその中にたたんだ衣類を入れ、上から手のひらを何度も押し付ける洗い方です。

すすぎや水切りも同じように行い、途中で引き上げたりしないようにしてください。

引き上げることで衣類が伸びてしまうことがあります。

自宅での手入れが心配な場合は、迷わずクリーニング店を利用しましょう。

お気に入りや高額の洋服がダメになってしまっては後悔してしまいます。

まとめ

セーターなどは水を含むと重くなり、干し方によっては型崩れしやすくなります。

せっかく洗濯したのに干し方を間違っては台無しになってしまいます。

なるべく平干しになるように工夫をして、お気に入りの一枚を大切にしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする