コンセントのほこり掃除は必須!簡単に安全に掃除する方法を解説!

気が付けばもう12月、年末ですね!

なんとなく、世間は忙しい雰囲気なので、慌ただしく感じますね!

テレビでは神社やお寺など、一年に一度のスス払いのニュースが時期になります。

ご家庭でも同じように、年内に家の中の大掃除をされる方が、多いのではないでしょうか?

普段は、あまり掃除されない家具や家電製品の裏などに、ほこりがたくさん溜まっているのではないですか?

家具や家電製品を動かさないと、掃除ができないのでなかなかできないですよね~。

でも、家電製品についたほこりは危険です!!

特にプラグとコンセントは気をつけないと、ショートなどで火災の原因になります。

コンセントは電気なので、ちょっと怖いな~と思っている方に、お掃除のポイントのお話をしますね!

コンセントのほこりの安全な掃除方法!

[quads id=1]
電気製品をコンセントに差し込んだ時に、火花を見たことがある方が多いと思います。

実は、あの火花は、ほこりに電気が流れて発生している火花です。

非常に危ない現象です!

普段からどのようにして、掃除すればいいの?

電気だし、ちょっと怖いかも~・・・。

そう思われている方が、多いと思います。

目に見えないものは、怖いですよね~。

そこでいくつか、お掃除の方法をご紹介しますね!

掃除機で直接コンセントの差込口のほこりを吸う!

これが、一番簡単で安全です!

日頃の掃除に少し付け加えるだけで、火災の原因を大幅に減らすことができますから!

掃除機をかけるコースにコンセントも付け加えてみてくださいね!

エアダスターを使う!

パソコンなどのほこりをエアーで吹き飛ばす、ノズルの付いたエアースプレーです。

これなら奥の方のほこりまで取れます。

掃除機でコンセント周りを吸うのはちょっと・・・と思っている方はエアダスターを使ってみてくださいね!

最近は100均でも売っていますので、探してみてくださいね!

注意点ですが、どちらの方法を実践するにしても忘れずに安全のため電気のブレーカーは、必ず落として掃除をしてくださいね!

コンセントまわりを簡単に掃除する方法とは!?

簡単に掃除できれば、あの「ほこり」をためずに掃除ができるのに~!!

そう思われている方が、多いのではないでしょうか?

ほこりが溜まりやすい場所というと、家具の裏や電化製品の裏、引き戸のレールなどがあります。

あとは、電化製品のコードもそうですね!

こういう部分ってなかなか目が行き届かない部分なので、ついほっておいてしまいがちですよね(笑)

そこでそういう掃除しにくいところを簡単にキレイにする方法をご紹介します!

ハンディワイパーを使う

固着していない、ほこりやゴミなら簡単に取り除くことができます。

最近では、マイクロファイバーでできた、便利なグッズもありますね!

マイクロファイバーは小さい繊維でできているので、ほこりを除去するのに最適ですよ~!

こちらも100円ショップに売っていますので、ぜひ見てみてくださいね!

軍手などの手袋をタオルの代わりに使う!

掃除道具で掃除をしなくても、軍手などに霧吹きで水を少量吹きかけて、軍手をタオルやぞうきんの代わりに、使うのも簡単です。

最近は、マイクロファイバーでできた便利な掃除手袋もあります。

ホームセンターなどで便利グッズとして販売していますよ!

まとめ

コンセントは電気の差込口なので、ほこりと水分があると「トラッキング」と呼ばれる火災の原因になります。

ほこりと水分が合わさるとショートがおこり、ほこりが発火します!

怖いですが、コンセントにほこりをためないように、心掛けたいですね!

予防としてはコンセントカバーがあります。

コンセント全部を覆うものと、差込口に栓をするタイプがあります。

コンセントカバーは予防にはなりますが、一番は定期的にお掃除が一番ですね!

簡単にお掃除ができるように、今は道具もたくさんあるので、楽しみながらお掃除ができますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする