ウォシュレット掃除の仕方を大公開!汚いノズルもこれで完璧!

そろそろ年末。

今年はいつもより念入りに大掃除を!と思った方!

ウォシュレットの掃除ってしたことはありますか?

「掃除ってどうするの?」とお困りのあなた!

ウォシュレットの掃除の方法をご紹介します!

ウォシュレット掃除の仕方とノズル出し方!

[quads id=1]
では、簡単にできるウォシュレットの掃除の仕方はこちらです!

ノズルを出そう

まずはウォシュレットのノズルを出しましょう。

メーカーによって多少の違いはありますが、ほとんどのメーカーは操作ボタン(ウォシュレットを使うときに押すボタンが並んでいるやつ)に“ノズル洗浄”というボタンがあります。

そこを押してノズルを出しましょう。

ノズルを洗う

ノズルが出たら、そこを歯ブラシなどの細かいブラシでこすります。

水が出る穴あたりを重点的にこすりましょう。

これで大体の掃除は終わり。

簡単ですよね。

もし、ブラシでこするだけでは汚れが落ちないぐらい掃除を放置していたのであればウォシュレットのノズル専用の洗浄スプレーも販売されているので、そちらを吹きかけましょう。

これだと、ブラシでこする必要はないので簡単に掃除が終わります。

ボタンの掃除も忘れずに

ついつい忘れがちなボタンの掃除。

気が付いたらホコリまみれなんてことも!

ボタンを押さないように、軽く表面を拭くだけでOK!

また、大掃除であれば分解掃除もおすすめです。

説明書をしっかり読んでから分解しましょう。

綿棒があると、細かい部分まで拭くことが出来るのでおすすめです。

定期的な掃除もおすすめ

大掃除を徹底的に行うのもいいですが、こまめに掃除をすると大掃除がラクになります。

例えば、一人暮らしの場合だと週に1回ぐらいで大丈夫です。

ノズルを出して、トイレシートで拭くだけでOK!

これなら簡単にできるので、仕事で忙しくても続けられそうですよね。

トイレ掃除は運気アップにもつながるので、ぜひ試してみてください。

ウォシュレット掃除に欠かせない脱臭フィルタの掃除術!

『脱臭フィルタって何?』となっている方も多いですよね。

脱臭フィルタとは、ウォシュレットのノズルが収納されている部分のあたりにあるもの。

排泄物の臭いを抑えるために必要なものです。

この脱臭フィルタも定期的に掃除をしないと、脱臭の機能が働かなくなりせっかくの機能が台無し!

脱臭フィルタの掃除方法はコチラです。

電源プラグを抜く

これはかなり大事です!

電源プラグを抜かずに掃除を始めると、誤作動でウォシュレットの水が顔にかかることも…

もう、その時点で心が折れること間違いなしなので、この部分は守ってくださいね。

本体から脱臭フィルタを外す

これはメーカーによって違いがありますが、ほとんどが本体を外してからフィルタを外します。

フィルタを外したら、同じく歯ブラシなどの細かいブラシでほこりを取りましょう。

ティッシュやお掃除シートで軽く拭いてからの方がいいですね。

そのあと、カチっと音が鳴るまでフィルタをはめたら、本体も元に戻しましょう。

メーカーによって、フィルタがカートリッジ方式の場合があります。

その場合はメーカーから取り寄せてフィルタを交換しましょう。

また、掃除式の場合でもあまりにも汚れている場合は交換をおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

ウォシュレットのノズルや脱臭フィルタって、どうもめんどうで後回しにしてしまいがちですがきちんと掃除をすることによって快適にトイレを使うことが出来ます。

また、どちらにも言えることは『こまめに掃除をしないと汚れがとんでもないことになる』ということ。

フィルタはこまめに掃除をするのは大変かもしれませんが、ノズルは簡単に掃除ができるので来年の大掃除は大変な目に合わないように、日ごろからこまめに掃除をするようにしましょう。